老け肌の原因は老化と酸化だけではない!本当は恐ろしい糖化の話

アンチエイジング 糖化 シミ シワ たるみ くすみ 減員 対策

皆さん、肌の老化の原因として
加齢と酸化
はよく耳にすると思います。
しかしもう一つ、スキンケアでも防げない大きな原因の一つとして「糖化」という現象があります。

糖化は、アンチエイジングの大敵とされてきた酸化よりも怖いと言われる程
くすみやシミ、シワ・たるみの大きな原因の一つです。

そんなこわーい糖化を防ぐ為にはどうすれば良いのでしょうか?
今回は糖化の原因と糖化を防ぐ方法等をご紹介したいと思います!

糖化とは??

アンチエイジング 糖化 酸化 悩み 原因 対策 シミ シワ たるみ くすみ 

糖化は、体内で余ってしまった糖が原因となって、その糖質が糖化する事で肌や体をコゲさせてしまいます。

しかし糖質は私達が生きていく上で最も必要とされる三大栄養素(糖質・タンパク質・脂質)の一つのため、完全なる悪ではありません。
重要なのは糖質を摂りすぎてしまわない事。

糖質を摂りすぎてしまうと、エネルギーとして使い切れずに行き場がなくなり、体の熱に反応しタンパク質と結びつきます。

タンパク質と結びついてしまった糖質は
最終糖化性物質AGEs(エイジズ)という物質に変化します。

この糖化反応をメイラード反応とも言われますが、食品にもよく起こる現象です。

糖化 アンチエイジング くすみ シミ シワ たるみ 原因 対策 
よく糖化現象として例えられるのが、焼き菓子です。

焼き菓子にはたっぷりと砂糖が含まれていますが、熱が入る前はだいたい白色です。
オーブンに入れ熱が入ると、糖とタンパク質が結びつき焦げて濃いベージュや茶色に変化し、柔らかかった状態から固くなり焼き上がります。

このように、年齢を重ねるごとに肌が黄色くくすんでしまったり固くなり、たるみやシワが深くなる事は糖化が原因とも言えます。

(画 糖化した肌構造

ハリの源であるコラーゲンやエラスチンといったタンパク質と余分な糖分がくっつき糖化を起こす事でお肌が固くなり、弾力を保つ事ができなくなりシワたるみの他、
水分を蓄える事もできなくなり、乾燥が起こりシミくすみ
肌の老化が加速してしまう原因になっています。
糖化で肌がくすむ原因は、透明なコラーゲンが糖化によって褐色に変色してしまう為で、黄ばんだコラーゲンが蓄積されてしまい肌が黄色くくすんで見えてしまうという事です。

アンチエイジング 糖化 成人病 ガン シワ シミ たるみ くすみ 原因 対策

糖化が怖いと言われるのは、最終糖化性物質であるAGEsが非常に高い毒性を持っていて体に悪い影響をもたらし、糖化されたタンパク質は固くなり機能しなくなってしまう事です。

AGEsが体にもたらす悪影響として
がん
心筋梗塞
脳梗塞
動脈硬化
白内障
アルツハイマー
骨粗鬆症
関節症
抜け毛
肌の老化
など、糖化はお肌だけではなく、体へも怖い影響を及ぼしてしまいます!!

糖化を防ぐにはどうすれば??

糖化を予防する為には具体的にどのような方法があるのでしょうか??

適度な運動

糖化 アンチエイジング 対策 運動 血糖値

体内の血糖値がピークに達するのが毎食後1時間の間と言われています。
血糖値の急激な上昇を抑えるために、食後の運動をするだけでもかなり抗糖化対策が実現できます。

血液・細胞中の糖を減少させるには有酸素運動が有効です。
ウォーキングやストレッチ、自転車に乗る等無理のない運動で血糖値の上昇をセーブさせましょう。

食後すぐに運動は億劫に思えるかもしれませんが、食後はゆっくり休まずに片付けをして体を動かすだけでも血糖値の上昇を緩やかにする事ができますよ。

入浴

アンチエイジング 糖化 対策 ヒートショックプロテイン HSP 入浴 方法

40度のお湯なら20分
41度のお湯なら15分
42度のお湯なら10分
と短時間でも入浴方法を工夫するだけで抗糖化対策ができます。
入浴によって体内の温度が38度まで上昇すると糖化した細胞を修復してくれる「ヒートショックプロテイン」が生成されます。

ヒートショックプロテインによって糖化したタンパク質であるAGEsの分解を促し正常な状態に戻してくれます。
週に2回程度でも十分な効果が発揮されます。

 この入浴方法は体を冷やさない事が重要な為、入浴中にお湯の温度が下がらないように蓋を閉めて浸かり、顔以外しっかりと浸かる全身浴にします。
入浴後も体を冷やさないようにする為に、常温の飲み物で水分補給をし、お風呂から出た後10分は体の熱が冷めないようにしましょう。
かなり汗をかいたり体力を消耗する為、しっかりと水分を摂って、無理のない程度に行いましょう。

糖化性物質を摂りすぎない

糖化 アンチエイジング AGEs エイジズ 糖化性物質 炭水化物 加工肉 

白米やパン、麺類などの炭水化物、多い甘いお菓子やフルーツジュースは糖質が多い為摂りすぎに注意しましょう。

また、糖質を控える為に人工甘味料である異性化糖や液糖などを使ってしまうと、かえって糖化を促進させてしまいます。

見落としがちなのがAGEsの多い食べ物です。
糖質だけを気をつけていても、直接AGEsを含んだ食べ物で知らず知らずのうちに溜め込んでいるかもしれません。
こんがり焼けた・揚げた食品
脂身の多い肉類・肉加工品
植物油
チーズ
魚類
は糖化性物質であるAGEsが直接多く含まれており、食材の調理温度が高くなる程AGEsの含有量が多くなってしまいます。
電子レンジも高温で加熱する方法になる為、加熱すればする程AGEsの含有量が増えてしまいます。

逆に、加熱しないで食べる食品はAGEsの含有量が低くなります。
生→煮る→焼く→揚げる
の順にAGEsが増えると言われている為、肉類や魚類は調理方法を工夫する事が大切です。

AGEsの少ない食べ物
卵 野菜 牛乳 豆類

抗糖化成分を摂る

糖化 アンチエイジング 抗糖化 飲み物 食べ物 調理方法 対策

AGEsは生きている限りどんどん溜め込まれていきます。
そのためこれ以上溜め込まない為には糖質を摂りすぎない事と、抗糖化効果のあるものを積極的に摂っていきましょう!

糖質の多い食べ物を食べる時などは抗糖化効果のあるお茶などを一緒に摂ると効果的です。

抗糖化成分の多い飲み物
ローマンカモミールティー
タイム、ローズマリーなどのハーブ類
よもぎ、どくだみのお茶
緑茶
ルイボスティー

AGEsはビタミン類によって抑制する事ができます。
しかし、高温で調理したりするとAGEsが増えてしまう為、生のまま・蒸す・茹でる調理法で食べるように心がけましょう。

抗糖化が期待されるビタミンと食材
ビタミンB6…にんにく マグロ赤身 カツオ ピスタチオ
ビタミンA…うなぎ チーズ 卵 レバー
ビタミンC…ピーマン パセリ ブロッコリー 柿
ビタミンE…アーモンド 抹茶 アボカド ブルーベリー

食べる順番

糖化 抗糖化 対策 方法 アンチエイジング 食べる順番 食べ順

食事を摂る時に、野菜などの食物繊維の多い食材から食べるようにする事で、
食物繊維が糖の吸収を緩やかになり血糖値の上昇を抑える事ができます。

最初に食べるものとして一番オススメなのが生野菜です。
和食なら
野菜の料理の後、吸い物・刺し身・煮物・揚げ物・蒸し物の後にようやくご飯と味噌汁の順
洋食でもサラダに始まり、魚・肉などのメインディッシュの後パスタやパンといった炭水化物を食べる
というのもとても理にかなった食事法です。

野菜→肉・魚→ご飯の順番で食べるようにすると、血糖値を急激な上昇を抑え、高血糖でいる時間を出来る限り少なくする事で糖化を起こしにくくする事ができます。

まとめ

糖化 抗糖化 原因 対策 アンチエイジング 方法

いかがでしたか??
私達が生きていく上で必要不可欠な糖質とタンパク質。
しかしこの2つがあればどこでも糖化性物質のAGEsが生成され、うっかりしてるうちに蓄積されてしまいます。

肌を老けさせてしまうばかりか体にも悪影響を及ぼす糖化は日常生活の中で少し意識するだけでも抑える事ができますよ。

老化を早める原因の一つ一つを対策していく事で、5年後10年後の肌に大きな差が出てきます!
加齢に負けない美しさを保つ事ができるように抗糖化の習慣を上手に取り入れて美肌を維持していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です