【シミの原因と対策】日常生活を見直して美肌になる方法まとめ

シミで悩む女性

いつの間にか浮き出てきたシミ…

シミが顔にあるだけでグンッと老けて見えてしまったり、上手く隠せなかったりで落ち込む女性も多いのではないでしょうか。

そもそもシミはどうやって出来るのでしょうか?
紫外線による日焼けが原因でシミが増えたり濃くなったりする場合もありますが、実はその他にも、シミには原因もあれば、シミの種類も様々あるのです。

今回はシミが出来る原因やシミの種類、対策等をご紹介したいと思います。

シミが出来るメカニズム

シミの原因には様々なものが考えられますが、まずはシミがどのようにして出来るのかご紹介しますね!
シミ 紫外線 原因 メカニズム 対策 ケア

シミは、皮膚の最も深い所の層である基底層のメラノサイトで作られます。

メラノサイトによってメラニン色素が作り出されますが、このメラニン色素がシミの元となっています。

メラノサイトとメラニンって??

メラノサイトは肌の一番深い所にあるいわゆる「メラニン色素工場」です。
このメラノサイトは紫外線や摩擦などの外部刺激によって活性化します。
メラノサイトから産生された黒いメラニン色素は、肌にバリアを作って紫外線などの外部刺激から肌の奥の真皮を守る働きもあります。

メラノサイトから作られた黒化メラニンはシミの原因にもなりますが、単純に不必要なものという訳ではなく、肌を守る為には無いと困る肌の防御システムでもあります。

メラノサイトで作られたメラニン色素は通常であればターンオーバーで表皮に押し出さされ垢となって剥がれ落ちます。

しかし、何らかの原因でターンオーバーのサイクルが乱れるとメラニン色素が定着しシミとなって残ってしまいます。

そのため、シミの主な原因は「外部刺激」と「ターンオーバーの乱れ」がメインとなっています。

ターンオーバーとは??
シミ 原因 ターンオーバー メカニズム

ターンオーバーとは、表皮が生まれ変わる為の新陳代謝の事を言います。

顔の正常なターンオーバーは、基底層で生まれた表皮細胞が14日間かけて、皮膚の一番上に近い顆粒層まで押し出され、角質層から垢となって剥がれおちるまでの14日間、計28日間の周期で肌の細胞が生まれ変わります。

20代までのターンオーバー日数は28日周期で生まれ変わりますが、年齢を重ねるごとに次第に遅くなり、
40代に入ると40~50日
60代では100日
もかかると言われています。

シミの種類と原因

シミは刺激物質とターンオーバーの乱れによって出来ますが、具体的にはどのような原因があるのでしょうか?

次の5つが大まかな振り分けになります。

▽紫外線が原因のシミ
▽老化が原因のシミ
▽傷跡が原因のシミ
▽ホルモンバランスが原因のシミ
▽遺伝が原因のシミ

単純にどれか一つが原因という訳ではなく、これらが複数重なってできるシミもあります。

そのため、シミを改善・対策する為には自分のシミがどのような原因で出来ているのかを見極める事が最大のポイントとなります。

紫外線が原因のシミ

◉老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)
◉日光黒子(にっこうこくし)

シミ 老人性色素班 日光黒子 原因 特徴

シミの多くはこれにあたるとされる、いわばシミの代表格です。

外部刺激である紫外線を繰り返し浴びる事によって、活性酸素が発生しメラノサイトが活性化され、シミの原因であるメラニンが大量に生産されます。

本来なら角質層に発生したメラニンは、肌の生まれ変わりであるターンオーバーにより押し出されますが、加齢によってターンオーバー周期が遅くなる為メラニン色素が沈着しシミとして残りやすくなります。

さらに紫外線を浴びる事で肌が乾燥し外部からの刺激をもろに受けるばかりではなく、肌表面の角質層が厚くなっていき、ターンオーバーが妨げられる事でシミが出来てしまいます。

このほかにも、加齢とは別にターンオーバーが乱れる原因として、

  • 寝不足
  • 栄養の偏り

といった事も挙げられます。

睡眠中には、様々な代謝や体の組織の修復が行われる為、寝不足になるとターンオーバーが十分に行われなくなってしまいます。

また、栄養が偏ってしまうと、肌の成長が阻害されてしまうため、細胞が未熟な状態でターンオーバーが行われると十分な機能を果たす事が出来ずシミとして残りやすくなってしまいます。

老人性色素班・日光黒子の特徴

日光黒子 老人性色素班 見た目 原因 対策 改善
  • 全身の紫外線によく当たる場所に出来やすい
  • シミの形や大きさが不定形
  • シミの色は薄い色から次第に濃くはっきりしてくる
  • 表面は平らだが、次第に隆起する
  • シミの境界線が明確
  • シミが面ではなく点々と出ている
  • 肝斑のように左右対象ではない

老化が原因のシミ

◉脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)
◉老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)

シミ 脂漏性角化症 老人イボ 老人性色素班 老人性疣贅 原因
脂漏性角化症は平坦だったシミが加齢とともに隆起してイボのようになったシミです。

老人性イボと言われる老人性疣贅は肌の老化減少による良性腫瘍の一つでもあります。

紫外線や老化が主な原因となる為、40代以降で発生することが多いと言われていますが、早い人は20代で発生する事があります。

脂漏性角化症の特徴

老人性疣贅 脂漏性角化症 原因 特徴 対策 
  • 小さいシミが年々大きくなり、盛り上がる
  • シミの色は肌色~黒褐色等様々
  • 顔だけではなく首や手等、体中の紫外線に当たりやすい部分に出来やすい
  • ほくろと違い表面に凹凸がある
  • ほくろよりも硬い

悪性のシミに注意

メラノーマ 皮膚がん 黒子 ほくろ 特徴

老人性疣贅は良性の腫瘍ですが、シミの形や色ムラ、隆起の度合いによっては皮膚がんの可能性があります。

シミが大きくなっていく場合も皮膚ガンが疑われますが、その際、
▽シミの形がいびつ
▽シミに色ムラがある
他のシミと違う形状
等がある場合には注意が必要です。

皮膚がんの初期症状はシミやほくろに似ているために自己判断では気づきにくい事があります。

そのため日常的にシミを観察し、他のシミと様子が違う等の様子に気づいたら早い段階で皮膚科等の専門家に診てもらう事をオススメします。

ニキビや傷跡が原因のシミ

◉炎症性色素沈着

シミ 原因 傷跡 ニキビ

ニキビや虫刺され、アトピー等の肌の炎症がひどい場合は、炎症周辺の皮膚の組織が壊れてしまい、傷跡として色素沈着を起こし、シミとなって残るのが炎症性色素沈着です。

虫刺され痕や、脱毛後に毛穴の周りが炎症を起こし痕として残ってしまったタイプ、叩く・擦る等刺激の強いスキンケアでもシミになる事があります。

炎症性色素沈着の特徴

炎症性色素沈着 ニキビ跡 シミ 原因 対策 特徴
  • シミの色は茶褐色・黒褐色等
  • 炎症の度合いによって色の濃さが違う
  • いつの間にか消えてる事がある
  • 顔以外の体にも出る事がある
  • アトピーやニキビが出来やすく、痕として残りやすい
  • 毛抜や脱毛をした部分がシミになって残った
  • 傷跡や虫刺されの部分がシミになった

ホルモンバランスが原因のシミ

◉肝斑

ホルモンバランス シミ 原因 肝斑

更年期や妊娠、経口避妊薬(ピル)を服用する事で女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。

女性ホルモンには

  • 潤いやハリを保つエストロゲン(卵胞ホルモン)
  • 妊娠を促すプロゲステロン(黄体ホルモン)

の2種類があり、後者の黄体ホルモンには、メラニン色素を増やす働きがあると言われています。

そのため、生理前に当たる排卵期以降や妊娠中、ピルの服用や更年期等では2つの女性ホルモンが通常と違うバランスになる為肝斑やシミが出来やすくなってしまいます。

また、女性ホルモンのバランスはとてもデリケートな為、強いストレスや生活習慣の乱れでもホルモンバランスが崩れてしまう同様の原因とされています。

肝斑の特徴

シミ 肝斑 原因 対策 ケア
  • 目の下、両頬骨辺りに左右対称にできる
  • ホルモンバランスが乱れやすい30代~50代女性に現れやすい
  • シミの色は茶褐色や灰色等様々
  • レーザー治療の効果がなく、レーザーによって悪化する場合もある
  • 妊娠やピルの服用を始めてシミが出来始めた

遺伝が原因のシミ

◉雀卵斑(じゃくらんはん)またはそばかす

そばかす 原因 遺伝

シミの中でも、そばかす、または雀卵斑(じゃくらんはん)は両親からのそばかすが出来やすい体質が遺伝してできると言われています。

そばかすは色白の肌の人に多く、小さくて茶色いシミが広範囲にできるのが特徴で、その色や形状が雀の卵に似ている事から雀卵斑と呼ばれています。

早い人では3才ごろから目立ちはじめ、10代に差し掛かる思春期の頃最も濃くなります。

遺伝による体質にもよる為、美白化粧品での効果は個人差があります。

そばかす・雀卵斑の特徴

そばかす 雀卵斑 原因 特徴 対策
  • 色白の肌
  • どちらかと言えば敏感肌
  • 小さくて薄いシミが広範囲にできている
  • 鼻から頬骨にかけて散らばったようにできる
  • 顔以外にも背中や手等にもできる
  • 思春期頃から目立ち始めた

シミの予防と対策

シミ予防で大事なのは原因を踏まえた上で少しでも原因を減らしたり改善していく事です!
シミ 紫外線 原因 メカニズム 対策 ケア

紫外線対策

メラニン工場のオーバーワークにならないよう、まずは何と言っても紫外線対策が重要です。
一口に紫外線と言っても2種類あり、それぞれ肌に与えるダメージが違ってきます。

UV-A 生活紫外線
紫外線の大半を占めていて肌の真皮(深い部分)まで影響があります。
洗濯物干しや買い物、ガラス越しで受ける日常的に浴びる紫外線がこれに当たります。
メラニンが増えて日焼けで皮膚が黒くなるのは主にUV-Aの仕業です。

UV-B レジャー紫外線
主に肌の表面(表皮)にダメージを与えます。日焼けで皮膚が赤くなるのはUV-Bによるもので、更にメラニンが増える事によって肌が黒くなります。

この2つの紫外線を防ぐ効果を表示した「SPF」と「PA」という指数があります。
この数値を理解する事でその時々に合った日焼け止め選びができます。

SPF PA
日常生活 10~ +~
軽いスポーツやレジャー 20前後 ++~
海や山 炎天下での活動 30~50+ ++~++++
海外やリゾート 紫外線過敏の人 50~ ++++

せっかく使用するシーンや肌にあった日焼け止めを塗ったとしてもその効果が発揮出来てなければ意味が無いですよね。

日焼け止め効果を実感出来ないという方もいらっしゃいますが、それはもしかすると正しく使用出来てないからかもしれません。

日焼け止め効果を十分発揮するには
たっぷり厚く塗って、なおかつ2~3時間置きに塗り直す事が大切なポイントです。紫外線対策パウダーファンデーション

とは言え、体なら塗り直せてもメイクをしている顔は2~3時間置きに塗り直すのは難しいですよね。

そこでオススメの対策法がパウダーファンデーションをつけることです。

普通のパウダーファンデーションはむらなく塗れば日常生活で十分日焼け止め効果を発揮します。

実はスゴイ!パウダーファンデーションのUVカット効果
なぜパウダーファンデーションが紫外線対策にオススメかというと、ファンデーションの粉の色に秘密があります。

ファンデーションの色粉には元々2つの紫外線に対する働きがあります。

▽光を跳ね返す力
▽配合されている酸化チタンやタルクが日焼け止めの「紫外線散乱剤」と同じ働き

さらに、パウダーファンデーションには2つの特徴があります。

▽肌への密着性が高い
▽時間が経っても重ね塗りがしやすくムラになりにくい

このことから、リキッドやクリームタイプのファンデーションでもある程度紫外線カットしてくれますが、パウダーファンデーションの方がはるかにUVカット効果が高いのです。

紫外線でシワ・シミ・たるみが加速!原因を知って予防しケアする方法まとめ

2018.05.18

正しいスキンケア

毎日行うスキンケアが間違ってしまうと、シミの原因である摩擦や外部刺激が起きてしまいます。
だからこそ、正しく行って効果を得る為に、基本のスキンケアを振り返ってみましょう。

基本のクレンジング&洗顔

正しいスキンケア

クレンジングと洗顔は摩擦と界面活性剤で落とす為、肌に一番負担のかかる工程です。
しかし、クレンジングを怠ると化粧品の成分も浸透していきませんし、肌に残った汚れが肌の刺激になってしまうのでしっかり落としていきましょう。

①ポイントメイクは専用リムーバーを使用
アイメイクやリップメイクは皮膚の薄い部分なので、クレンジングで擦ると他の部分に比べ刺激を受けやすいです。そのため優しくオフ出来る専用リムーバーがオススメです。

②クレンジングの使用量を守る
クレンジング量をケチって使うと肌の摩擦が増えてしまうので使用量は守って、まずは皮膚の丈夫な顔上半分に、それから下半分につけ、最後に細かい部分に伸ばしていきます。

③クレンジングに時間を掛けすぎない
時間を掛けすぎると必要な油分まで奪ってしまう事になります。なるべく手早くかつ卵を割らない位のちから加減で優しく落としましょう。

④手早くぬるま湯でオフ
クレンジング料の主な成分は油です。冷水で流すと油は固まり、熱いお湯で流すと必要な油分まで洗い流すので逆に乾燥の原因になります。

⑤たっぷりの泡洗顔
肌への摩擦を最小限にするためにも泡立てが重要です。清潔な泡だてネットを使って角が立つ程度弾力のある泡をピンポン玉2つ分程作るのがベストです。皮脂量の多い部分から、泡を転がすようなイメージでくるくる伸ばして汚れとなじませます。

⑥すすぎ不足に注意
髪の生え際やアゴの下等に泡が残ったままだと肌荒れの原因になりますので隅々までしっかり流していきます。

化粧水&美容液クリーム等

乾燥肌

シミ、ソバカス対策として肌を刺激から守るバリア機能を保つためにも肌を乾燥させない事が大切です。

カラカラの植木鉢にいきなりたっぷりのお水を入れると中々染み込みませんよね?
それと同じで乾燥してカラカラ状態のお肌に美容成分は浸透していきませんので、化粧水は少しずつ小分けにしてたっぷりつけていくのがオススメです。

2回3回と小分けして手で優しく包み込む様に押さえ込むようにハンドプレスをするとしっとりツヤツヤになれます。

美容液やクリームは化粧水同様に手で押さえるようにつけていきますが、その日の乾燥度合いによって部分的に量を増やす等するとより効果的です。

スペシャルケア
週1回のピーリングでターンオーバーを促すのもオススメです。
ただし、擦ったり拭き取るタイプのピーリングは肌の負担になりやすいので、ミルクやジェルタイプの洗い流すタイプのピーリング剤がオススメです。

AHA配合の美容液タイプのピーリング剤は塗りっぱなしで、なおかつ目元の小じわ対策やニキビ、毛穴詰まり等にも効果があります。

美白ケア

シミ 対策 予防 ケア 化粧品 オススメ ハイドロキノン ビタミンC誘導体 美白有効成分

紫外線が原因で出来てしまったシミや、初期の薄いシミであれば、
▽ハイドロキノン
▽ビタミンC誘導体
等の美白有効成分が配合された化粧品によるケアも効果的です。

輪郭がはっきりしてきてしまったシミや、脂漏性角化症はレーザー治療等の皮膚科での治療が有効ですが、ケアをしなければ新たなシミが出来てしまう可能性も高くなってしまいます。

シミ予防という点でも美白化粧品でのケアは不可欠です。

美白ケアが有効なシミ
老人性色素班 初期のものであれば◯
日光黒子 初期のものであれば◯
炎症性色素沈着
肝斑
そばかす

アンプルールラグジュアリーホワイト

美白有効成分である、新安定型ハイドロキノンが高濃度配合されたスポット美容液と、ハイドロキノン誘導体やビタミンC誘導体が配合された薬用美容液のW使いで、シミへの効果が期待出来ます。

レーザー治療

シミ レーザー治療 皮膚科 

皮膚そのものが変化している、
▽脂漏性角化症
▽老人性疣贅
▽濃くなった老人性色素班
▽そばかす・雀卵斑
は美白化粧品での改善が難しい為、皮膚科によるレーザー治療等が効果的です。

脂漏性角化症や老人性疣贅はレーザー治療の他、液体窒素による凍結療法で消せる場合もあります。

脂漏性角化症や老人性疣贅は治療法によっては保険が適用されますが、老人性色素班やそばかす・雀卵斑の治療は美容目的となる為保険適用されません。

食生活

シミに良い野菜

シミ予防に役立つ栄養素は何と言っても抗酸化力の強いビタミン類、リコピンやポリフェノールと言われています。
ビタミンEのおよそ1000倍とも言われる抗酸化力を持つアスタキサンチンも注目の栄養素です。
食べ物で効率よく摂取しましょう☆

オススメ食材
  • ビタミンA…かぼちゃ、チンゲンサイ、人参、パプリカ、ブロッコリー、小松菜、ほうれん草
  • ビタミンC…カリフラワー、ピーマン、パプリカ、キャベツ、蓮根、じゃがいも、ブロッコリー
  • ビタミンE…煎茶 かぼちゃ、アーモンド、アボカド
  • リコピン…プチトマト、ピンクグレープフルーツ、赤パプリカ、スイカ
  • ポリフェノール…ブルーベリー、いちご、ぶどう、ワイン、コーヒー、紅茶、緑茶、カカオ豆、大豆製品
  • アスタキサンチン…鮭、いくら、鯛、カニ、エビ

どれも手に入りやすく、毎日の献立に取り入れやすい食材です。
色の濃い食べ物や香りのしっかりある食べ物というのはそれだけ栄養価が高いと言われてます。

肌に悪い生活習慣

また、喫煙や食品添加物は体にとって悪影響のあるもので、体内に入ると体が防御システムとして「活性酸素」を発生させます。

活性酸素が増え過ぎてしまうと刺激となり細胞を傷つけ、刺激から細胞を守ろうと大量のメラニン色素が作られます。

このように活性酸素が増えるとシミの原因にもなりますので、全く摂らないようにするのは難しい事ですが、タバコは禁煙する事は可能ですし、活性酸素と戦う抗酸化力の強い食べ物等で対策するのも一つの手段です。

運動

シミ 生活習慣

シミの予防にはスムーズなターンオーバーが不可欠です。

軽い運動や入浴も血行促進や代謝アップ等の効果があり、ダイエットだけではなく肌にとっても良いことがあります。血行が促進されると代謝が上がり、メラニンを押し出すターンオーバーが正常に行われやすくなります。

逆に心拍数の上がる運動はかえってメラノサイトを刺激する活性酸素を増やしてしまいますので、あくまでも軽い運動がオススメです。
入浴は全身浴で10分~15分程度浸かれば十分です。

睡眠

美容と睡眠

睡眠不足になると血色が悪くなったり、くすんだりしませんか?
睡眠の間に体の中では「成長ホルモン」が分泌されます。この成長ホルモンによって体の隅々まで栄養が行き届くようになります。

せっかくバランスの良い食事を摂っても睡眠の質が悪かったり睡眠不足になると意味がありませんよね。

美容の為にと睡眠の時間を削ってまで、しっかりとスキンケアを行ったり長く半身浴する方もいますが、それよりも早く寝てしまった方が美容にも良いようです。

特に夜10~深夜2時はお肌のゴールデンタイムと言われており、眠り始めの3時間の内が最も成長ホルモンの分泌が盛んになります。
働く女性の多い現代、夜10時就寝は難しいかもしれませんが、夜11時~12時半位までにできるだけ一定の時間に寝るようにすると肌の調子も良くなっていきます。

美肌と睡眠の深い関係!良質な睡眠で寝てる間にキレイになる方法まとめ

2018.05.17

シミ予防まとめ

シミ クリア

いかがでしたか?

日常生活の中には、見落としがちなシミの原因がたくさんありましたね。

まずはシミの原因を少しでも取り除いていく事が大切です。
基本的な紫外線対策やスキンケアももちろんですが、生活習慣を意識するだけでも予防に繋がります。

年齢を重ねてもシミのないキレイな肌で居るために、基本の生活習慣を見直して出来る所からぜひ取り入れてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です