\美肌の秘訣は代謝にあり!/代謝促進で老け肌から脱出する方法

「代謝が下がって痩せにくい」
「代謝が悪くて冷え性が治らない」
代謝と聞くとダイエットや冷え等の改善に欠かせないものと思い浮かべがちですが、代謝が下がるとお肌にも悪い影響が出やすくなります。

「20代の頃から比べると肌の色がワントーン暗くなった」
「シミが出やすくなった、日焼けが戻りにくい」

なんていうのも、代謝が深く関係しています。

代謝が上がれば、ダイエットや健康のみならず、お肌もきれいになれてまさに一石二鳥です。

今回は体も肌も元気にきれいになれる「代謝」についてご紹介していきたいと思います。

代謝の種類

よく耳にする基礎代謝と新陳代謝。この2つは何が違うのでしょうか。
似て非なる2つの代謝についてご紹介していきます!

基礎代謝とは?

代謝 上げる 方法 美肌 エイジング 基礎代謝

基礎代謝とは体の代謝の事で、食べ物等で摂取した栄養をエネルギーとして使う事を言います。

呼吸や体内の臓器の動き、筋肉の動き等、生命を維持する体の働きで消費されるエネルギーの事で、何もしなくても(寝ていても)エネルギーを消費しています。

また、基礎代謝は一日のエネルギー消費量の約60~70%をも占めていると言われています。

体の部位別の基礎代謝量
  • 筋肉…約40~50%
  • 肝臓・腎臓・胃腸…約30~40%
  • 脳…約10~15%
  • 心臓…5~10%

基礎代謝量は筋肉量が減っていく加齢と共に低下していく為、年齢や体質、生活習慣等もあり個人差はありますが
成人女性で約1200kcalものカロリーを消費していると言われています。

基礎代謝による代謝機能が落ちると、食べた物がエネルギーとして使われる量が減ってしまい体に蓄積されていきます。

「代謝が落ちたから痩せない!」というのはこの基礎代謝が落ちている為です。

体の部位別の代謝量を考えると、手っ取り早く痩せる為には筋肉量を増やす事ですが、体の基礎代謝を上げる事につながり痩せやすくなります。

新陳代謝とは?

代謝 上げる 方法 美肌 エイジング 新陳代謝 肌代謝 ターンオーバー

新陳代謝とは肌の代謝の事で、新しい細胞を作って古い細胞を排出する細胞の入れ替わりを行う代謝の事を言います。

▽爪や髪の毛の生え変わりや肌の再生
▽老廃物を汗で排出や排泄
▽心臓や内蔵、筋肉や骨の細胞の入れ替わり
等、目に見える部分だけではなく、生きていく上で重要な部分の細胞の入れ替えも行われています。

基礎代謝は新陳代謝と深く関係していて、筋肉量が増え基礎代謝が上がって血流がよくなります。

血流に乗って体の細胞のすみずみにまで酸素と栄養が行き渡ると、新陳代謝によって元気な肌細胞が作られ上手く排出されます。

肌においての新陳代謝であるターンオーバーは、皮膚の表皮という部分でその厚さはおよそ0.2㎜とごく浅い部分で行われています。

肌 構造 断面 代謝 新陳代謝 上げる 方法 美肌 エイジング 

表皮は角化細胞という肌の素となる細胞が密に積み重なっていて、表皮の一番奥の基底層という部分から角化細胞が生まれる所から始まります。

正常なターンオーバー周期は約28日サイクルと言われており、
基底層で生まれた角化細胞細胞は14日間かけて顆粒層まで押し上げられ、さらに14日間かけて角質層に押し上げられながら古い順に垢となって剥がれ落ちていきます。

このターンオーバー周期は「年齢✕1.5」の日数が正しいサイクルと言われており、年齢を重ねるに連れて遅くなっていきます。

シミがなかなか改善されないのはこのターンオーバーサイクルが遅くなる事によって、黒化したメラニンが排出されずに定着してしまう為です。
また、垢となって剥がれ落ちずに古い角質が肌表面に残る事で、くすみやゴワつき乾燥等様々な肌の不調が出てきてしまいます。

だからと言って、ターンオーバーを早くするよう対策すればいいのかというとそういうわけではないようです。

ターンオーバーが年齢と共に緩やかになって遅くなるのは自然な事で、大切なのはターンオーバーを促進する事ではなく、一定の正しいサイクルでターンオーバーが行なわれる事です。

 ターンオーバーを早めてしまうと、角化細胞が栄養や水分を蓄えられない未熟な状態で肌表面に上がってくる事で、肌を守るバリア機能が低下します。

バリア機能が低下すると、肌を守ろうとして急いで新しい細胞を送り込もみ、更に未熟な細胞を作り出す為乾燥や肌荒れの悪循環を生み出してしまいます。

代謝を上げる方法

代謝を高める為には基本的な生活習慣の見直しがポイントになってきます。

睡眠

基礎代謝 新陳代謝 上げる 方法 美肌 ダイエット 睡眠 生活習慣 

寝不足や睡眠時間が不規則だったりすると、血行不良によってクマやくすみが出てきたり、ホルモンバランスの乱れが起きて肌が乾燥したりと、お肌に出てくるダメージは顕著です。

肌の代謝であるターンオーバーは主に眠っている間に行われています。
眠っている間には成長ホルモンが活発に分泌されます。

成長ホルモンは体のすみずみに栄養を行き渡らせる働きで、時間をかけて細胞の修復を行います。

細胞の修復には最低でも6時間かかると言われていて、生命の維持に必要な細胞から修復されていく為、肌の修復は後回しにされてしまいます。
このように、睡眠不足に陥る事で肌や内蔵等の修復がうまく行われず様々な不調が出てきてしまうのです。

また、代謝も年齢と共に下がりますが、この成長ホルモンも年齢と共に分泌量が減っていきます。

減っていく成長ホルモンを少しでも有効活用する為にも、まずは睡眠を見直してみましょう。

美肌と睡眠の深い関係!良質な睡眠で寝てる間にキレイになる方法まとめ

2018.05.17

運動・ストレッチ

基礎代謝 新陳代謝 代謝 上げる 方法 運動 生活習慣 改善 エイジング 

運動をする事で、筋肉量が増えて血流が良くなり、体が温まります。
体内の老廃物排出を促し、肌に必要な栄養を血液に乗せて運ぶ事で新陳代謝が活発になります。

また、適度な運動はストレス発散や、睡眠中に分泌される成長ホルモンの分泌を促す働きもあります。

特にオススメなのが、有酸素運動です。
体に負担がかかりにくく、毎日少しずつ続けやすいのもポイントで、酸素をしっかり取り込む事、血行を促進し新陳代謝を高める事で美肌やむくみ解消の効果が期待出来ます。

代謝を上げる食べ物

基礎代謝 新陳代謝 代謝 上げる 方法 食事 食材

筋肉量を上げる事も代謝を上げる事に繋がりますが、基礎代謝は内蔵を動かす事でも働く為、内臓機能を高める事も代謝UPに効果的です。

内臓の働きを高める為には基本的に1日3食のバランスの良い食生活が理想です。

バランスの良い食事とは
ま・ご・わ・や・さ・し・い
が基本と言われています。

 ま…豆類・大豆製品
ご…ごま・ナッツ類
わ…わかめ等海藻類
や…野菜類(緑黄色野菜を中心に)
さ…魚類(青魚・小魚)
し…しいたけ等きのこ類
い…芋類

これに加えて、ご飯等の炭水化物と汁物をプラスする事が大切です。

さらに、代謝UPに注目を集めているのが酵素オメガ3脂肪酸です。

体内の代謝酵素が減り始める20代後半からは、食べ物等で酵素を摂る事で代謝酵素をサポートし代謝をUPさせます。

脂肪酸というとコレステロールや肥満等を心配してしまいますが、中でもオメガ3脂肪酸は血流を促進し代謝を上げたり、免疫力を上げて肌を丈夫にしたりホルモンバランスの改善等嬉しい効果のある脂肪酸です。

酵素を多く含む食材
  • 野菜…大根 山芋 玉ねぎ 長ネギ にんにく 生姜 アボカド
  • 果物…バナナ パイナップル メロン パパイヤ キウイ りんご

酵素は熱を加えると一瞬で壊れてしまう為、これらの食べ物は生のまま食べるのがポイントです。

オメガ3脂肪酸を多く含む食材

えごま油 亜麻仁油 くるみ サンマ アジ サバ イワシ

これらの油は加熱してしまうと酸化して効果が得られない為、ドレッシング等にして摂るのがオススメです。
また魚の脂肪酸は、焼き魚の場合表面の油は酸化しても内側の身の油は問題ありません。煮魚ならほとんど酸化の影響がなくなります。

温活

温活 基礎代謝 新陳代謝 代謝 上げる 方法 生活習慣温活 基礎代謝 新陳代謝 代謝 上げる 方法 生活習慣

体が冷えてしまうと血行不良に陥り体の隅々まで酸素や栄養が行き渡らずに、代謝が落ちてしまいます。

代謝が落ちる事で老廃物が蓄積されてしまったり、細胞の修復がうまく行われず肌のみならず体が疲れやすくなってしまいます。

代謝を上げる為には、冷たい飲みものを飲まないなど体を温める事も重要です。

また、体を冷やすファッションは血行不良だけでなく、内蔵の働きを低下させてしまう等の影響が出てきます。

特にお腹まわりは胃や腸、子宮等たくさんの臓器が集まっています。
冷えを感じにくい部分ではありますが、脂肪が多い部分でもある為冷えやすい場所でもあります。
腹巻きやお腹まですっぽり包むショーツ等でお腹まわりを温めて内蔵の血行を良くする事で全身が温まります。

心臓から遠く血流が悪くなりがちな足元も靴下やレッグウォーマー等を利用して温めましょう。

冬は最も冷えを感じやすい季節のため、太い血管が通る首元にマフラーやストールを巻いてカバーする事で全身を手っ取り早く温める事が出来ます。

入浴

新陳代謝 基礎代謝 代謝 上げる 方法 入浴 生活習慣

温活の基本とも言われるのが入浴です。

温活においては半身浴よりも全身浴で、39℃前後のぬるめのお湯に長めに浸かる事がおすすめです。

肩までしっかりと浸かる事で、以下のような効果が得られます。

  • 毛細血管が広がる温熱作用
  • 血行が促進される水圧作用
  • 水の浮力によって体のちからが抜ける浮力作用

入浴で体の芯まで温まり、リラックス効果も得られると質の良い睡眠にも繋がります。

できれば毎日30分程湯船に浸かるのが理想ですが、時間があまりない方は足湯も有効です。
心臓から一番遠い足元を温めるだけでも全身の血の巡りがよくなりますよ。

体を温める食べ物

基礎代謝 新陳代謝 代謝 上げる方法 生活習慣 食事 温活

体を温める食材や飲み物を摂る事で体の中から温めるのも重要です。

内臓、特に胃を冷やしてしまうと胃腸の働きが悪くなり、老廃物の排出がうまく出来なくなるので、体を温める事を考えると野菜は温野菜、冷たい飲み物より温かい飲み物を摂るだけでも体が冷えにくくなります。

温活オススメ食材
根菜類 唐辛子 生姜 にんにく ネギ ニラ 青魚 シナモン 黒糖 紅茶 ココア 甘酒

水を飲む

基礎代謝 新陳代謝 上げる 美肌 方法 まとめ 水 飲む 水代謝

体の水分量が不足すると、血液循環やリンパの流れがスムーズにいかなくなるため血行不良となり、健康な角質細胞が作られず肌も乾燥しやすくなります。

水を飲むと、だいたい10~40分後には体温が1℃上昇し血流が上がる事で新陳代謝が促進されると言われていますが他にも以下のような効果があります。

▽老廃物を排出しやすくなる
▽血液がサラサラになり血行促進される
▽便秘
▽冷え性の改善

人間は運動など特別な活動をしなくても、生きているだけで呼吸や皮膚から一日に0.9~1Lの水分を失い、排泄でも1.5Lの水分を排出します。

そのため、一日に約2.5リットルの水分を補給が必要ですが、食べ物からも水分が補給出来るため、飲料水から補給する水分量は1.2~1.5Lが目安です。

飲む水の温度は常温か白湯にし、こまめに補給する事で代謝をより上げやすくなります。
さらなるデトックス効果を求めるなら炭酸水を取り入れるのもオススメです。

体を温めるツボ

体には様々なツボがあり「エネルギーの通り道」とも言われています。

ツボを刺激する事によって、血液の循環がよくなり手軽に体を温める事が出来るため、温活にも有効です。

温活 ツボ 気海 体 温める 基礎代謝 新陳代謝 促進 血行促進

気海(きかい)
おへそより指2本分下にあるツボで、全身を温めコンディションを整える「元気の源」とも言われています。

 

 

基礎代謝 新陳代謝 血行促進 手足冷え 肩こり 改善 合谷 ツボ 温活

合谷(ごうこく)
人差し指と親指の骨が合流するところから、少し人差し指側のくぼんでいるところにあります。
手足の冷えや肩こりの改善に作用するツボです。

 

 

基礎代謝 新陳代謝 温活 血行促進 ツボ 大椎 

大椎(だいつい)
うなじより少し下の骨が出ている部分のすぐ下にあります。
大椎も全身を温め、首・肩こりを軽減する作用があります。

 

 

三陰交 血行促進 更年期 改善 代謝 温活 ツボ

三陰交(さんいんこう)
内くるぶしの指4本分上で、骨の際にあるツボで、下半身の冷えやむくみの他、生理痛や更年期障害等のも効果が期待できます。

 

 

気端 温活 ツボ 代謝 血行促進 

気端(きたん)
足の指先端にあるツボで、足先の冷えにに効果的です。
つまんでツボを刺激する他に、カイロや足湯で温めても効果が期待できます。

 

 

肌の代謝を上げるスキンケア

肌の代謝を高める美容法やオススメの化粧品をご紹介します。

肌を温める

体の冷えには比較的気を遣う方も多いと思いますが、肌の冷えをケアする方はさほど多くないのではないのでしょうか?

皮膚の温度が下がる事も実は肌の代謝機能を低下させる原因の一つと言われています。

肌の温度が低下する事により、ごわつきが出てスキンケア成分が浸透しにくくなり、乾燥を招き肌トラブルも起きやすくなってしまいます。

  • 化粧水や美容液等は一度手の平で温めて使う
  • スキンケアの前に蒸しタオルやスチーマーを使用する

など、肌を温める工夫をする事で血行を促しましょう。

蒸しタオルやスチーマーは頻繁に使うと肌への刺激となりますので週に1~2回を目安に行いましょう。
また、肌を温めるために熱いお湯で顔を洗う事も、必要な皮脂まで洗い流してしまい乾燥を招くため、あくまでもぬるま湯での洗顔がオススメです。
オススメの化粧品

ディセンシアサエル


敏感肌でも使える美白コスメです。ストレスによる皮膚温度の低下からくる血行不良に着目し、血行促進効果のあるジンセンXを配合。更に、ストレスをカバーする独自処方といった、多方面からの美白アプローチを可能にしています。

角質ケア

古い角質が肌の表面に残っていると肌の代謝を邪魔してしまう為、定期的に角質ケアを行いましょう。

角質ケアにはピーリングや酵素洗顔等がありますが、酵素洗顔は刺激が強い為、乾燥肌や敏感肌の人には不向きと言われています。

そこでオススメなのが、洗い流すタイプのピーリング剤です。

擦るタイプや剥がすタイプのピーリング剤もありますが、擦る・剥がすケアは肌への刺激となりかえって肌トラブルの原因となってしまいます。

刺激の少ないピーリング剤で肌に合うものを選び、週に1回のスペシャルケアとして取り入れてみましょう。

オススメの化粧品

きらりのつくりかた

古い角質を優しく取り除きながら肌にうるおいを与える美容成分がたっぷりと配合された、洗い流すタイプのピーリング剤です。

肌への優しさにとことんこだわった処方になっているため、敏感肌の方でも安心して使う事ができます。

炭酸美容で血行促進

炭酸洗顔や炭酸化粧水、パックやマスクなど一度は試した事のある方も多いのではないでしょうか。

今や炭酸美容はポピュラーな美容法となっていますが、その最大の効果の特徴はなんといっても血行促進効果です。

血行を促進し、ターンオーバーを整えることにより肌をひきしめキメの整った肌へ繋がると言われています。

炭酸は二酸化炭素なので基本的に肌トラブルやアレルギーを起こす事はありませんが、肌の上でシュワシュワと弾ける泡で血行を促進するため、人によって刺激と感じてしまう場合もあります。
オススメ化粧品

フェブリナ炭酸ジェルパック

フェブリナ 炭酸パック 代謝促進 血行促進 炭酸効果を最大限に引き出せる「濃度」「発生速度」「発生量」の炭酸ゴールデンバランスを実現した、自宅にいながらたったの20分でエステさながらの炭酸美容が出来るキットになっています。

 

まとめ

基礎代謝 新陳代謝 代謝 上げる 方法 生活習慣 まとめ

代謝を上げる方法についてご紹介してきましたがいかがでしたか?

生命を維持する上で重要な代謝ですが、この代謝が滞る事は体だけではなく肌にもたくさんの影響がある事がわかりました。

加齢によって代謝が落ちるのは自然な事ですが、大切なのは、落ちてきた代謝をそれ以上に下げない事です。

そのためには体を温め、生活習慣を見直して代謝を維持しましょう。
そうする事で、ダイエットのみならず美肌もゲットできますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です