女性ホルモンは増えない?!ホルモンバランスを整えて美人になる方法★

「美肌」と「ホルモンバランス」は女性にとって切っても切れない関係です。

ホルモンバランスが崩れると肌の不調が出てきやすくなりがち。
一口に肌の不調と言ってもたくさんの悩みがあります。

  • 乾燥
  • 毛穴
  • シワ
  • シミ
  • くすみ
  • たるみ
    等など…
    挙げるときりがないし、複数の肌悩みが重なってしまってどんなケアをすればいいやら迷ってしまいますよね。

それぞれの肌悩み、特にシワやたるみといったエイジングサインには共通して女性ホルモンのバランスが深く関係しています。

女性ホルモンの仕組みを知る事ができればホルモンバランスの乱れを防いで正常に保ち、肌の不調を未然に防ぐ事が出来るようになります。

そこで、今回は「ホルモンバランス」にフォーカスして、女性ホルモンを知る事で肌の悩みを解消する方法を探ってみたいと思います!

女性ホルモンとは??

女性ホルモン 肌 関係
体内にいくつかあるホルモンの内、女性ホルモンとは特に女性の生殖に関わる性ホルモンの事を指し、脳から司令が出て卵巣から分泌されています。

女性ホルモンには
エストロゲン(卵胞ホルモン)
プロゲステロン(黄体ホルモン)
の2つがあります。
この2つのホルモンが一定のサイクルで分泌量が変わっていくのが特徴で、その変化の中で生理や妊娠出産、心や体の状態に影響を与えます。

エストロゲンは月経後、排卵に向かって分泌・増加して次の月経前に急激に減るホルモンで、受精卵の着床に備えて子宮内膜を厚くする働きがあります。
丸みのある女性らしい体つきを作ったり、コラーゲンやヒアルロン酸の生成をサポートする作用がある為、シワやたるみを予防する働きがあります。エストロゲンの方が優位に分泌されている間は肌や髪の毛のハリやツヤが有り、肌トラブルが起きにくくなるのはその為で、別名「美のホルモン」とも言われています。

プロゲステロンは排卵後から生理前に特に多く分泌され、妊娠が成立する事を助け受精後の子宮内の環境を維持し、赤ちゃんの為に栄養や水分を溜め込む役割がある為「母のホルモン」とも呼ばれています。プロゲステロンが多く分泌される時期はむくみやすかったり太りやすいというのはそのためで、肌には皮脂の分泌を活発にさせメラニンの生成を促しやすかったりする為吹き出物やくすみが出やすく肌にとってはナーバスな面もあります。

(ホルモン分泌バランスグラフ画)

女性ホルモンは脳から司令が出て分泌される為、自分の意志で増やしたり、何かを摂ってホルモン自体を増やすという事は出来ないと言われています。

よく、
恋して女性ホルモン増やさなきゃー
とか
仕事ばかりで女性ホルモン減ってるわー
なんて言葉も耳にしますが増えたり減ったり量が変化する事はなく、分泌されるバランスの問題となるようです。

この2つのホルモンにはバイオリズムがあって、28日の周期で増えたり減ったりを繰り返しながらそれぞれの分泌量のバランスを変化させています。
その増減が上手く行われている状態がホルモンバランスが整っている状態で、ホルモンの増減が正常に繰り返されないと体に様々な不調が現れます。

エストロゲンだけを増やせばきれいになれるかというとそうではなくて、乳がんや子宮がん等のリスクが高まると言われています。
そのエストロゲンの暴走を抑えているのがプロゲステロンです。
エストロゲンとプロゲステロンのどちらが多くてもダメで、分泌されるバランスが保たれている事が大切という事です。

ホルモンバランスが乱れる原因と不調

ホルモンバランス エストロゲン プロゲステロン 肌 不調

女性ホルモンの状態を知る事は肌の状態を知る大切なバロメーターになります。
女性の美を司る「エストロゲン」には、
新陳代謝を促進し、肌の水分を保持したり、肌のハリ成分であるコラーゲンやエラスチンの生成に大きく関わっています。

エストロゲンは10代の半ば頃から分泌が順調になり、
30歳前後にピークを迎えそこから分泌量が徐々に下り坂となり、
50代に差し掛かる頃には閉経を迎えエストロゲンが急激に減少します。

そうなると乾燥や毛穴、シミやくすみ、シワ・たるみといった肌悩みがドンッと増えてきます。

いわゆる「お肌の曲がり角」です。
生きている限りこの曲がり角を迎える事は自然な事ですが、それ以上に悩みを大きくさせない為にはホルモンバランスと上手く付き合う事が重要です。

(女性ホルモンが減少していくグラフ)

女性ホルモンの分泌を促すよう司令する、視床下部は自律神経を司る部分でもありストレスの影響を受けやすい部分です。
そのため女性のホルモンのバランスはとてもデリケートで、些細な生活習慣の乱れ等からバランスを崩しやすいと言われています。

ホルモンバランスが乱れる原因として
睡眠不足
ストレス
冷え
食生活の乱れ
過度のダイエット
等が挙げられます。

このように、年齢を重ねるごとのエストロゲンの減少と同時に、ホルモンバランスを乱してしまう事で肌悩みが増えてきやすくなります。

また、プロゲステロンの分泌が優位になってしまうと皮脂の分泌が盛んになり、ニキビや吹き出物、皮脂が酸化すると「過酸化脂質」という肌への刺激となる為肌悩みを加速させることにもなりかねません。

理想の状態は、ホルモンの分泌が増える事ではなくてバランスが良い事
ホルモンバランスを整える事が美肌への近道という訳です。

ホルモンバランスを整える方法

ホルモンバランスを整えるのは何か特別な事をするのではありません。
忙しい現代の中でなかなか出来ない事もあるかもしれませんが、出来る事から毎日コツコツ続けてみましょう!

質の良い睡眠

女性ホルモン ホルモンバランス 整える 睡眠

十分な睡眠が取れていない状態が続くと脳の緊張状態が続き、疲れが取れずストレスが大きくなります。
そうなると、女性ホルモンに司令を出す視床下部の機能が正常に働きにくくなり女性ホルモンの分泌が乱れてしまいます。

眠りに付く時間が深夜12時をすぎてからが多い方や、夜中に目がさめる事が多かったり、夢を見がちな人も質の良い睡眠を取れていない状態です。

成長ホルモンの分泌が盛んになる午後10時~午前2時の「ゴールデンタイム」に熟睡する事は女性ホルモンの分泌が一定になる為良い影響があります。

夜10時には眠りにつけなくても、深夜12時までに寝て、最低6時間の睡眠時間を確保する事、寝る2時間前までに食事は済ませる、寝る直前のスマホやパソコンは控える等睡眠の質を上げる事を心がけてみましょう。

美肌と睡眠の深い関係!良質な睡眠で寝てる間にキレイになる方法まとめ

2018.05.17

適度な運動

女性ホルモン ホルモンバランス 整える 方法 運動

ストレスや寝不足、デスクワークが多い現代女性は血行が悪くなりがちです。
体を動かして血流を促進する事は、冷えやストレス解消のみならず代謝が上がりお肌や女性ホルモンの分泌にも良い影響を与える事が出来ます。

運動をする事でエストロゲンの分泌が上手く調節される事が分かっていて、定期的に運動をする人は乳がんや更年期障害にもなりにくいと言われています。

激しい運動をする事よりも、ウォーキングやストレッチ、ヨガ等毎日適度に軽い運動をしていれば自然とホルモンバランスが整ってきます。

体を冷やさない

女性ホルモン ホルモンバランス 整える 冷え お風呂 アロマ

冷えは万病の元とも言われますが、体が冷えると自律神経が乱れホルモンバランスにも悪い影響をもたらすため注意が必要です。

特に気をつけたいのが下半身の冷えです。
子宮・卵巣等女性器の多い下半身が冷えると、卵巣機能の低下の恐れやホルモンの分泌が正常に行われなくなる可能性もあります。

おしゃれの為に薄着をしたり、締め付けの強い服を着用する事も血流が滞り冷えの原因となります。
冷たい飲み物や食べ物、タバコや過度の飲酒も冷えや血行不良につながる為注意が必要です。

出来るだけ入浴はシャワーだけで済ませず、湯船に浸かる事を心がけてみましょう。
ホルモンバランスを整えるクラリセージローズイランイラン等の精油を数滴入れた湯船に浸かるのも体を温め、アロマのリラックス効果を得られる為オススメです。

正しい食生活

女性ホルモン ホルモンバランス 整える 方法 食事

不規則な食生活はホルモンバランスの乱れに大きく関係してきます。

食事をとったりとらなかったり食事の時間がバラバラ、食品添加物の多いファストフードやインスタント食品等で食事を済ませ栄養が偏ったり、暴飲暴食・過度のダイエット等は自律神経に負担をかけそれと同時に女性ホルモンの分泌がアンバランスになります。

ホルモンバランスを整える事は、体のバランスを整える事です。
特別な食事ではなく、
肉や魚、植物性タンパク質、野菜、炭水化物、少しの良質な油で栄養バランスの良い食事に心がけてみましょう。

食べ物で女性ホルモンを増やす事はできませんが、ホルモンバランスをサポートする事はできます。

オススメの栄養素

ビタミンE…アーモンド アボカド かぼちゃ うなぎ 卵等
ビタミンEは抗酸化作用が高い為アンチエイジングにもオススメの栄養素。
女性ホルモンを分泌する卵巣や脳下垂体に作用する為ホルモンバランスを整える効果が期待出来ます。

ビタミンB6…マグロ カツオ レバー バナナ 等
ビタミンBの中でもB6はエストロゲンに働きかけホルモンバランスを整えると言われています。

タンパク質…大豆 卵 牛乳 レバー 魚類 チーズ 等
良質なタンパク質は女性ホルモンの素となります。
ダイエット等でタンパク質を極端に控えたりするよりも、脂質の少ない質の良いタンパク質を摂る事は体作りに欠かせません。

良質な油…くるみ等のナッツ類 卵 オリーブオイル バター等
タンパク質とコレステロールは女性ホルモンの材料と言われています。油は食事で摂ると体内でコレステロールに変わります。
カロリーの気になる油ですが適度に摂る事で女性ホルモンや美容はもちろん健康にも良いと言われています。

大豆製品…納豆 豆腐 豆乳
言わずとしれた「イソフラボン」は体内でエストロゲンと似た働きをすると言われています。たくさん食べると、エストロゲンと似た作用が増える事になる為注意が必要ですが、低カロリーで高タンパク質、消化に良い等良いことづくしなので日々の食生活で適度に取り入れてみましょう。

ドキドキ・ワクワクしてみる

女性ホルモン ホルモンバランス エストロゲン 整える 方法 

恋をすると肌がきれいになるというのは医学的にも証明されているようで、エストロゲンの量が増えるというよりは
ドキドキする事で興奮ホルモンの「ドーパミン」や、ワクワクする事で幸福ホルモンの「セロトニン」の分泌が盛んになり、副交感神経がその影響を受けて美肌ホルモンのエストロゲンの分泌が活発になると言われています。

そのため女性的な魅力を引き出せるという訳です。
恋をしなくても、新しい事に挑戦してワクワクしたりと趣味の中でもこれらのホルモンが分泌されます。
気持ちが満たされるとストレス解消にもなる為、体に良い影響を与える可能性は高いと言えますね★

まとめ

女性ホルモン ホルモンバランス 整える 方法 まとめ エストロゲン プロゲステロン

いかがでしたか??

2つの女性ホルモンは増やす事よりも分泌されるバランスが大切という事がわかりました。

ちょっとした事で崩れてしまいがちなホルモンバランスですが、生活習慣に気をつけるだけで整える事ができます。

仕事に育児に忙しい現代ですが、毎日の小さな積み重ねが大切。
出来る事から少しずつ、自分の体と向き合う時間を設けて内側もしっかりとケアしてあげましょう★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です