\シワは治る?!/ シワの原因を知って対策する方法まとめ

シワ 美肌

見た目年齢がグッと上がって見えてしまうシワ…年々確実に増えてしまいがちです。

年齢だから仕方ないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、マッサージやスキンケア等少し気をつける事で、目立たななくしたり、深いシワに進行するのを防ぐ事が出来ますよ。

そこで今回はシワの原因に合わせて、対策と改善法をご紹介したいと思います。

シワの種類と原因

実はシワには大きく3タイプあります。

  • 小じわ
  • 表情ジワ
  • 真皮のシワ

それぞれのタイプを把握して、シワのタイプに合った対策が必要になります。

小じわ

シワ 原因 種類 メカニズム 対策 ケア

浅く細かいシワで、主に乾燥が原因です。
乾燥すると目立つ為、肌が潤うと回復する軽いもので、大人だけではなく子供にもよく見られます。

この小じわは放っておくと深いシワに繋がると思われがちですが、原因は乾燥なので、もし保湿をしっかり行っても解消されない場合はすでに表情ジワや真皮のシワになってしまっていると考えられます。

表情ジワ

表情ジワ 原因 対策 ケア 

若い肌なら表情が戻れば見えなくなりますが、年齢を重ねるにつれて肌のコラーゲンが減少することで深くなり元に戻りにくくなります。

表情ジワは放っておくと深い真皮のシワに繋がりますが、表情のクセを意識して直す事や、レチノールやビタミンC配合の化粧品で進行を留める事もできます。

真皮のシワ

真皮のシワ 原因 対策 ケア 

額や口元、上瞼のくぼみ等は皮膚のハリが失われてできます。

ハリが無くなるのは加齢や紫外線の影響で真皮のコラーゲン線維とエラスチン線維が乱れ弾力を失うのと、これらの周りのヒアルロン酸が減少して水分量が減る為です。

出来てしまった真皮のシワをケアだけでなくすのは困難になってきます。
しかし真皮のシワになる前に、早い段階で紫外線対策や乾燥を予防するケアで進行を遅らせる事は可能です。

加齢によるシワとは別に、紫外線の影響や間違ったスキンケアやダイエット等が要因になる事もあります。

シワの種類別スキンケア

小じわ

乾燥によってできる小じわには保湿で肌の乾燥を防ぐのが優先になります。
小じわ 保湿

保湿方法

  1. 化粧水
    化粧水は手に取り顔全体になじませ押し込みます。
    更に目の周りや口元等の皮膚の薄い部分には重ね付けをしていきます。
  2. 美容液
    化粧水と同様顔全体になじませ、乾燥が気になる場所に重ね付けします。
  3. クリーム
    更にクリームを重ね油分でフタをして水分を閉じ込めます。
スペシャルケア
化粧水をコットンやシートに含ませて顔全体に乗せておくシートパックもオススメです。

そのまま乗せておくとどんどん水分が蒸発してしまうので、その上から鼻と口の部分に穴を開けたラップ等をかぶせるとより効果的。

保湿ケアをしても乾燥が気になる場合は古い角質が溜まってる事も考えられるため、ピーリングケアをして古い角質を除去すると水分が肌に浸透しやすくなります。

表情ジワ

表情のクセによるシワはまずシワを作るクセを直す事から始めましょう!
表情ジワ

表情ジワは自分の表情のクセを知り、なるべくしないように心がけていきましょう。

  • 額の横ジワ
    話を聞いて驚いた時や、アイメイクをする時眉を上げ下げして額にシワを作っていないかチェックしましょう。
  • 眉間のシワ
    考え込んだり、怒ったりする時に眉間に力を入れていないか注意します。
  • ほうれい線
    怒ったり不機嫌な時口を「へ」の字にしてたら要注意です。
  • 口周りの縦じわ
    喫煙習慣のある方は口をすぼませる為口周りに縦じわができやすくなります。

表情ジワを進行させない為にコラーゲン生成を促すレチノールやビタミンC誘導体が配合された化粧品で真皮の線維成分を強化するケアがオススメです。

真皮のシワ

深いシワにさせないために

真皮の中にはコラーゲンとエラスチンがあり、それらを真皮が支える事で肌の弾力が保たれています。

また、加齢とともにコラーゲンやエラスチンを新しく作る機能は低下していきます。

加齢による肌の老化と、紫外線による刺激で肌の弾力の元になる真皮の線維成分が乱れて出来た深いシワはスキンケアだけで消すのは難しいものです。
まずは早い段階でシワが出来ないように予防する事が最も大切です。

スキンケア
肌の老化を防ぐレチノールやコラーゲン生成を促すビタミンC誘導体を配合した化粧品を日常的に使う事で肌の老化を遅くする事が出来ます。

化粧水をつける時に肌をパンパンと叩くようにパッティングしたり、シワを伸ばそうと強く引っ張ったりするとその刺激で炎症を起こしかねません。

化粧水や美容液は手にとったら指の腹で染み込ませるようになじませましょう。

紫外線対策
実はわずかに紫外線を浴びただけでも、数時間後には真皮のコラーゲンは傷つき、エラスチンを変化させてしまう酵素が分泌されます。

弾力を作るコラーゲンとエラスチンが紫外線によって失われると、肌から弾力性がなくなり、たるんだりシワになったりします。

そのため、ちょっとしたお出かけでも日焼け止めとファンデーションをつける事をオススメします。

内側からのシワ予防

コラーゲン内服は効果ない

内側からのスキンケアとして
▽ツボ押し
▽エクササイズ
▽シワに良い食べ物
をご紹介したいと思います!

ツボ押し

シワにツボ?と思われたかと思いますが、実はコラーゲンと繋がりの深い、エストロゲンというホルモンはツボ押しによって分泌を促す事が出来ます。

このエストロゲンは卵巣から分泌される女性ホルモンの一種で、妊娠・出産、美しさや若さのホルモンと言われています。

肌のコラーゲンを守ったり、水分量を増やしたり、女性らしいボディラインを作る働きを持っていますが、35歳をすぎるとエストロゲンの分泌量は減り、40代で急激に低下します。

エストロゲンを減らさない為に卵巣を元気にするツボ押しで血流を良くすると効果的ということです。

シワに効く ツボ 帰来

帰来(きらい)
おへそから指4本分と親指1本分下、中央から指三本分両外側にあります

 

シワに効く ツボ 三陰交 シワ 原因 対策三陰交(さんいんこう)
内くるぶしの最も出っ張った部分から指幅4本分上にあります。

 

シワに効く ツボ 血海 原因 対策 ケア血海(けっかい)
手の小指を膝の真ん中に置いて、膝の内側の指3本分上にあります。生理痛等にも有効です。

 

あいうえお体操

シワ予防には顔筋体操も効果的です。
表情筋を柔らかく保つ事でシワのできにくい状態をつくる事ができます。

  1. あいうえおのそれぞれの言葉を言う時に口を大きく開け
  2. 目もその言葉の時に出来る口の形にできるだけ合わせます。
  3. それぞれ顔の表情を10秒間キープします。

1日3セット以内を目安にやってみましょう。

骨盤開閉エクササイズ

ツボ押しでも紹介した卵巣を元気にしてエストロゲンを減らさない為の骨盤開閉エクササイズです。

骨盤周辺の筋肉が凝っているとその一帯に血流が停滞する為、骨盤の中にある卵巣にも血液が上手く運ばれません。

骨盤周辺の筋肉を効果的に動かして血流をスムーズにしましょう。

骨盤を開く ピラミッドのポーズ

  1. 両足を肩幅位開いて深呼吸
  2. 肩の力を抜いて上半身を倒す
  3. 上半身をできるだけ前に倒した状態で30秒キープ
    これを2~3回程度
骨盤を閉じる 三角のポーズ

  1. 両足を開いて両手を広げる
  2. 背筋を伸ばしたまま右膝に左手を置く
  3. 左手も真上に伸ばし顔も天井に向けて30秒キープ
    こちらも左右2~3回程度
血流の滞りやすい座り仕事の多い方は、空き時間等にぜひ取り入れてみてきださい!

シワに良い食べ物

シワ 抗酸化作用 食品

肌の弾力を保つコラーゲン、実は食べても飲んでも増えにくいのはご存知でしたか?

口から入ったコラーゲンは、胃腸でアミノ酸に分解されその時点でコラーゲンではなくなってしまいます

分解されたアミノ酸は体内で新しい皮膚や筋肉等色々なものに作り変えられたりもしますが、再びコラーゲンの形に戻って肌に定着するとは限らないそうです。

そのため、シワ予防にはコラーゲンを摂取するよりも抗酸化物質を摂る方法の方が効果的です。

抗酸化物質には肌老化の原因となる活性酸素を除去する働きがあります。
この抗酸化物質は紫外線により生み出された活性酸素を除去しますが、年齢とともに減る為食物から抗酸化物質を補う事が必要です。

オススメ食材
▽ビタミンAうなぎ、人参、春菊、ほうれん草、かぼちゃ、、ニラ
▽ビタミンC赤パプリカ、黄パプリカ、菜の花、ブロッコリー、ミニトマト
▽ビタミンEアーモンド、ごま、アボカド、ツナ缶、たらこ
特にビタミンA,C,Eは抗酸化力に優れていて、まとめて摂る事で相乗効果を発揮してくれるんですよ。

また、大豆イソフラボンにはエストロゲンに似た作用がある事もよく知られています。
1日に納豆一パック、もしくは豆腐半丁など取り入れてみてください。
すぐ食べれれるのも魅力的ですよね。

まとめ

シワ 原因 対策 方法

いかがでしたか?

シワにはケア等で目立たなくする事が出来るものもありますが、シワを増やさない・深くしない為に大事なことは予防です。

早い段階から予防法を理解して実践する事で、シワの進行をとどめる事も出来ます。

いつまでもハリのある肌でいる為にも外からのケアと内側からのケアも合わせて、出来る事から実践していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です