脂性肌って治る?皮脂の過剰分泌の原因を知ってさらなる皮脂トラブルを予防しよう☆

脂性肌 原因 対策

ベタベタしてメイクが崩れやすい…
あぶらとり紙が手放せない…

皮脂はホコリや紫外線から肌を守り、肌の水分を閉じ込める肌の潤いに欠かせない大切なものです。
しかし皮脂分泌が過剰だと化粧崩れや毛穴の詰まり、黒ずみ、ニキビ等のトラブルの原因にもなりますよね。
何故皮脂が過剰に分泌されるのでしょうか?

今回は脂性肌の原因と正しいスキンケアについてご紹介していきたいと思います!

脂性肌の原因

脂性肌は生まれもっての肌質と思ってる人が少なくありません。
でもその要因のほとんどは意外にも環境やストレス、間違ったスキンケアによるもののようです。

乾燥する環境

脂性肌 環境 乾燥

オフィス等でエアコンを長時間使用している所では一年中空気が乾燥しています。
乾燥は肌のバリア機能を低下させる為、脳が肌を乾燥から保護しようと皮脂を分泌させる指令を出す為に皮脂の分泌が過剰になってしまいます。

ストレス

脂性肌 ストレス 原因

仕事の忙しさや人間関係で緊張状態が続きストレスが溜まると、自律神経のバランスが崩れ女性ホルモンの分泌に影響が及びます。女性ホルモンのバランスが崩れると皮膚の代謝が低下して皮脂が過剰に分泌される原因になります。
またストレスと戦う為に男性ホルモンも分泌されます。男性ホルモンは皮脂の分泌を促す為更に脂っぽくなる悪循環になります。

間違ったスキンケア

脂性肌 正しいスキンケア

肌の脂っぽさから顔を洗いすぎたり何度もあぶらとり紙を使用すると肌から必要な皮脂まで奪ってしまい肌を乾燥させる事になります。
肌が乾燥するとさらに皮脂が分泌されるので脂っぽさが増す事になりかねません。
また、サッパリタイプの化粧品を使い続けてる場合も皮脂の分泌を促してしまいます。
肌は乾燥してるのにテカリが気になるというのは、水分と油分のバランスが崩れているのが原因です。水分が不足してるのに保湿をしないで油分を補っているとますます水分と油分のバランスは崩れ、皮膚を守る為に皮脂の分泌量が多くなります。

脂性肌から起こるトラブル

毛穴 詰まり
  • 毛穴の詰まり
    脂性肌の人は毛穴に角栓が出来て毛穴が詰まりやすくなります。
    角栓とは毛穴に皮脂や古い角質が溜まって混ざり、固まりになったもので、毛穴からプツンと盛り上がって見えます。
    角栓は毛穴に炎症が起こるとニキビに進行します。
  • ニキビ
    ニキビは毛穴に過剰に分泌された皮脂が詰まって、そこにアクネ菌が繁殖してできます。20代以降のニキビはそれに加えてストレスや生活習慣等の要因が複雑に絡み合って出来ます。思春期ニキビは顔全体に、大人ニキビはフェイスラインに多く出来ます。
  • 毛穴の黒ずみ
    毛穴に詰まった皮脂の固まりである角栓に空気が触れて酸化すると、毛穴が黒ずんで見えます。
    剥がすタイプの毛穴ケアもありますが、一気に剥がす事で肌を傷める恐れがある為使いすぎには注意が必要です。
  • 赤ら顔(脂漏性湿疹)
    顔が脂っぽいのにカサカサして湿疹が出来る人に多く見られます。皮脂の分泌異常やマラセチア菌というカビの一種が感染して、頭や額、鼻の脇等に赤い湿疹が出来ます。皮膚科で診察してもらいましょう
  • 化粧崩れ
    メイク後の脂浮きを抑えるのには肌を引き締める収れん化粧水が有効です。ファンデーションを塗る前に収れん化粧水をつけて、化粧直しは上塗りせずメイクを落としてから塗るのが理想です。
  • テカリ
    皮脂の分泌が多い為肌がテカテカと光ってしまう状態の事で、念入りな洗顔やあぶらとり紙の使用で緩和されますがやりすぎると逆に乾燥して皮脂が多く分泌される場合があります。洗顔後は化粧水で水分を補給して油分少なめの乳液で保湿しましょう。
  • くすみ
    肌に余分な皮脂があると、皮脂が酸化して肌のターンオーバーを遅らせる原因になる事があります。すると表皮の古い角質が剥がれず角質が厚くなったりキメが粗くなり肌がくすんで見えるようになります。
  • キメがあらい
    脂性肌は皮脂が詰まって毛穴が開き気味になりやすいのでキメがあらく見えます。肌のターンオーバーがスムーズであればキメが整うので正しい洗顔と保湿でケアしてあげましょう。
  • 毛穴の開き
    過剰な皮脂の分泌で常に角栓が出来ていると毛穴の開きを助長させてしまいます。
    定期的に毛穴の大掃除でケアしていきましょう。

 

脂性肌のスキンケアのコツ

皮脂の過剰分泌を招くため、皮脂のとりすぎに気をつけてケアしましょう★
脂性肌 正しい ケア
  1. 洗顔のコツ
    朝と夜の1日2回で十分です。
    ゴシゴシ洗いは避けて、キメの細かいたっぷりの泡を転がすように優しく洗っていき、30度位のぬるま湯で洗い流します
  2. 保湿ケアのコツ
    脂性肌は油分が多いから保湿はいらないという考えは間違いです。
    乾燥を防ぐ為にも洗顔後は全体に化粧水と乳液を、皮脂量の少ない目と口周りのみクリームを使ってしっかりと保湿しましょう。

脂性肌を改善する生活習慣

食生活

脂性肌 食事 生活

食べたものはその人の肌に影響が出てきます。
皮脂の素を食事から摂取しすぎてませんか?

食生活を振り返ってみて、脂肪分の高いものや甘い物、揚げ物やアルコール等摂りすぎてないかチェックしてみて下さい。
これらの食事から摂る成分は体内で中性脂肪に変わって皮脂の素となり皮脂分泌が活発になるため、量と回数を調節してみて下さい。

ストレスを自覚する

脂性肌 原因 ストレス

知らず知らずのうちに溜め込んでしまったストレスで皮脂分泌が過剰になり脂性肌になってる場合もあります。
ストレスに気付き自覚する事で脂性肌を解消する糸口が見つかるかもしれませんよ☆
ストレス解消法はいろいろありますが、自分に合った解消法で気持ちをスッキリさせましょう。

湿度に気をつける

脂性肌 湿度 乾燥

冷暖房ともに1年中エアコンの効いた部屋では室内の湿度が低下します。
脂性肌は乾燥によって皮脂の分泌が活発になる為、梅雨以外は加湿器等を使って乾燥を防ぎましょう。

喫煙

脂性肌 喫煙 原因

タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる作用がある為、血流が滞ってターンオーバーがスムーズにいかない事があります。
ターンオーバーが正常でないと古い角質が肌に残り肌がカサついたりくすんだりします
カサつくことで皮脂の分泌が活発になる為脂性肌の度合いが進みます。

他にも、血流が滞る為酸素が細胞に行き渡らない上、活性酸素を発生させる等タバコの弊害は沢山あります。

まさに百害あって一利無し。
肌がカサつくけどテカるといった複雑なトラブルを避けるためにも、喫煙してる場合は禁煙は最も効果的な対策です。

まとめ

オイリー肌 脂性肌 原因 対策 まとめ

いかがでしたか?
肌がベタつきやすい脂性肌ですが、意外にも乾燥やストレスが原因である事がわかりました。

脂性肌の原因を知って、肌の状態や心の状態を観察する事で皮脂の過剰分泌は抑える事ができそうですね☆
皮脂は肌の潤いにとって欠かせないものです。
皮脂と上手く付き合って、さらなるトラブルにならないようにケアしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です