紫外線でシワ・シミ・たるみが加速!原因を知って予防しケアする方法まとめ

気温が高くなってくると、気になるのが紫外線ですよね。

紫外線にはビタミンDの生成や殺菌作用など良い面がある一方で、皮膚や体に有害な事はもうご存知かと思います。
夏になるとその紫外線量は冬と比べて約3倍!!

そんな紫外線の恐ろしさはズバリ肌の老化を早める事
紫外線はシミだけではなく、シワ・たるみ等、肌老化の原因の8割は紫外線の影響とさえ言われています。

しかし、そうは分かっていながらもうっかり日焼けしてしまったり、UVケアが毎日出来ていなかったりする方も多いのではないでしょうか。

今回は紫外線が肌へ及ぼすダメージやメカニズム、日焼けを予防するスキンケア方法はもちろん、覚えておきたい日焼け直後の時短速攻ケア等をご紹介したいと思います!

紫外線とは

一言に紫外線と言っても、実は三種類あり、紫外線の種類によって体に与える影響の度合い等が変わってきます。
紫外線 怖い 種類 肌トラブル 

A波(UV-A)紫外線全体の95%を占め、エネルギーは弱いが雲やガラス窓を通過する。日焼けの際炎症により赤くなる日焼けを起こさずに肌を黒くする。肌の真皮まで達しコラーゲンやエラスチンを破壊しシワやたるみを引き起こす。皮膚がんを誘発する。

B波(UV-B)紫外線全体の5%を占め、日焼けを起こす力はA波の約600~1000倍。雲やガラス窓である程度遮られる。炎症により赤くなる日焼けを起こし、数日後に肌を黒くする。肌の表皮に達しメラニン色素を作らせる為、シミ・シワを引き起こす。ビタミンDを生成する。皮膚がんを誘発する。

C波(UV-C)大半が大気層で吸収される為地上にはほとんど到達しない。近年のオゾン層破壊等により年々少しずつ地上に到達。UV-Bより皮膚がんを誘発しやすい最も有害な紫外線。

紫外線が及ぼす肌トラブルとそのメカニズム

紫外線トラブル
普段何気なく浴びている紫外線ですが、紫外線による肌老化は8割以上を占めると言われていて、肌に大きなダメージを与えています!

日焼け(日光皮膚炎)

日焼けは紫外線による一種のやけどです。皮膚が赤くなり火照りや痛みが伴い、ひどい時は水ぶくれが出来てしまいます。

日焼けには2つの症状があります。
サンバーン…皮膚が赤く腫れてヒリヒリとした痛みが発生し、水ぶくれが起こる事もあります。
サンタン…サンバーンが起こって4~7日程経過すると肌が黒くなる事。

シミ

紫外線 シミ メカニズム

紫外線を浴びると、表皮の基底層にあるメラノサイトがメラニン色素を作って肌や細胞を守ろうとします。

通常はターンオーバーによって押し出され剥がれ落ちますが、メラニン色素が過剰に作られると色素がシミとして残ります。

シワ・たるみ

紫外線 シワ たるみ メカニズム 原因

紫外線は皮膚の真皮にまで達するとコラーゲン線維が切断され、コラーゲンを繋ぎ止め支えているエラスチン線維が変性してしまう為、皮膚が弾力を失いシワやたるみを引き起こします。

これが長期間繰り返されるとシワは更に深くなり、たるみが進行します。

乾燥

紫外線 乾燥 メカニズム 原因

長時間紫外線を浴びると皮膚の水分が蒸発して肌の乾燥を招きます。

肌が乾燥すると代謝が滞り肌の弾力が失われ、キメの乱れやくすみ、シミ等のトラブルが起きやすくなります。

日焼け止めで紫外線を防ぐとともに、保湿ケアもしっかり行いましょう。

皮膚ガン

紫外線を浴びるとメラニン色素が作られて細胞の核のDNAを守ろうとします。
しかし大量に浴びると、
メラニンが紫外線から守りきれずにDNAが損傷され、
DNAの損傷を繰り返す事で修復が出来ずに腫瘍となり皮膚がん発症
となります。

日焼けを予防するスキンケア方法

日焼け止め選び
SPFやPAってなに?紫外線吸収剤って?知ってるつもりで以外と知らない日焼け止めの特徴や使い方をご紹介します!

日焼け止め効果の表示

日焼け止めの効果の表示には「SPF」と「PA」の2つの表示があります。

SPFSun Protection Factor
(サンプロテクションファクター)
日焼けを引き起こす紫外線のB波(UV-B)を防ぐ効果を表す指標です。よく『日焼け止め効果の持続時間』と勘違いされますが、実際は皮膚が赤くなるまでの時間を何倍に伸ばせるかを示しています。10から50+までの6段階に分けられており、数字が大きくなるほど効果が高くなります。

PAProtection grade of UV-A
(プロテクショングレードオブユーブイエー)
紫外線のA波(UV-A)を防ぐ効果の強さを表す指標です。皮膚が一時的に黒くなる事に対する効果によって3つに分類されています。黒くなるまでの時間を2~4倍に伸ばすものをPA+、4~8倍ならPA++、8倍以上ならPA+++と表示され、+の数が増えるほど効果が高くなります

要は、両方スキンケアをするまでの時間稼ぎという事になりますので、塗り直す事はもちろん、同時にスキンケアも行わなければ結果的に日焼けはしてしまうという事です。

日焼け止めの種類

紫外線 予防 防ぐ 日焼け止め UVケア 種類 効果

日焼け止めには、紫外線を吸収する「紫外線吸収剤」と、紫外線を散乱・反射させる「紫外線散乱剤」、2種類の紫外線防止剤があり、テクスチャーも様々です。

紫外線吸収剤

紫外線を吸収して肌を守る成分です。つけた時に肌が白くなりにくい反面、吸収した紫外線が肌の上に留まっている為刺激が強い為、肌荒れやかぶれ等を引き起こす事があります。肌が敏感な人向けに紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)の日焼け止めも販売されています。

紫外線散乱剤

紫外線を散らして肌を守る為、肌に対して刺激は少なく子供や肌の弱い人でも使いやすいのが特徴です。ただ、塗った時に肌が白っぽくなったり肌が乾燥しやすいという難点があります。

テクスチャ メリット デメリット
クリームタイプ ▽水や汗に強い
▽保湿力が高い
▽肌なじみが良い
▽油分が多いため吹き出物の原因になりやすい
▽伸びが悪く白浮きしやすい
▽クレンジングが必要
ミルクタイプ ▽保湿力が高い
▽水や汗に強い
▽伸びが良く肌なじみが良い
▽良く振らずに使うと中の液体が分離しやすい
▽べたつきや白浮きしやすい
▽クレンジングが必要
ジェルタイプ ▽さらっとして塗りやすい
▽伸びが良い
▽白浮きしやすい
▽クレンジング剤が必要ない
▽油分が少なく吹き出物の元になりにくい
▽水や汗に弱いためこまめな塗りなおしが必要
▽PA・SPF値が低いものが多い
▽保湿力が乏しい
▽紫外線吸収剤を使用していることが多く刺激が強い
スプレータイプ ▽手を汚さず使える
▽髪や頭皮にも使える
▽背中などの手の届きにくい所にも使いやすい
▽水や汗に弱い
▽塗りムラができやすい
▽敏感肌に不向き
▽長時間の外出には不向き
パウダータイプ ▽べたつかずメイクの上からも使いやすい
▽肌への負担が少ない
▽白浮きしない
▽パウダータイプだけだと日焼け止め効果が不十分
▽落ちやすいためこまめな塗りなおしが必要
それぞれの紫外線吸収剤を使用した日焼け止めのメリットやデメリットを確認した上で、自分の肌に合った使いやすいものを選びたいですね☆

日焼け止めを選ぶポイント

紫外線は暑い夏の時期だけ降り注いでるわけではありません。紫外線量は減るものの春秋冬季節を問わず降り注いでいる為、季節や天候に関係なく紫外線対策が必要です。

また、日焼け止めは目的に合わせて選ぶ事も大切です。

SPF数値の高い日焼け止めは紫外線を防ぐ効果が高い反面、油分が多い為肌に負担をかけやすいので、日常生活やレジャー等目的に合わせて選んでみましょう。

用途 SPF PA
日常生活 10~ +~
軽いスポーツ・レジャー 20前後 ++~
海や山・炎天下での活動 30~50+ ++~++++
海外やリゾート・紫外線過敏の人 50~ ++++

 

日常生活

  • 日焼け止めやファンデーションで紫外線から肌を守る。肌への負担を考え、日常生活での日焼け止めは指標が低めのものを選びましょう。
  • 外出時は帽子や日傘で日差しを防ぎます。特に郊外や海・山は紫外線が強力なので要注意です。
  • 曇や霧がある場合も意外と紫外線が強いので油断禁物です。

スポーツ・レジャー

  • 出かける地域の紫外線の強さや、紫外線を浴びる時間を考え指標の高い日焼け止めを選びましょう。
  • 肌にむらなくつける事が大切で、汗をかいた後や泳いだ後等はその都度塗り直しましょう。

日焼け止めの使い方のコツ

日焼け止め 塗り方 コツ 予防 防ぐ 正しい塗り方 

実は、日焼け止めは厚めにしっかり塗らないと効果がありません。紫外線の当たりやすい肌の高い部分の頬骨や額の辺りは重ね塗り等で特に厚く塗り、顔全体むらなくパウダーファンデーションをつけるとより効果的です。

パウダーファンデーションは日常生活でむらなく塗れば十分な日焼け防止効果を発揮します。リキッドやクリームタイプでもある程度紫外線をカットできますが、顔料の密度から考えると顔の紫外線対策にはパウダータイプがオススメです。

  1. メイク前にしっかり保湿して日焼け止めを塗り、上からパウダーファンデーションを塗るとより効果的
  2. 日焼け止めは2~3時間置きに塗り直す事が大切ですが、軽い崩れなら日焼け止め効果のあるパウダーファンデーションを重ね塗りするだけでもOK。
  3. 汗をかいたりタオルで拭いた後、長時間泳いだりした後等は必要に応じて塗り直ししましょう。

紫外線を浴びないように工夫する

紫外線 反射光 直射光 散乱光

日焼けをしない為には出来るだけ紫外線を浴びないように工夫する事も大切です。
紫外線を含む太陽光には、
地上に直接達する直射光
地上で反射する反射光
空中で散乱する散乱光
があり、季節や天候にかかわらずあらゆる方向から降り注いでいます。

こうした散乱光や反射光を防ぐ為にも日焼け止めだけに頼らず、衣類や小物も上手く活用して直射日光を浴びない工夫をしてみましょう☆

日焼け防止策
  • 日傘をさす
  • 帽子をかぶる
  • スカーフを巻く
  • 長袖・長めのボトムス

カラーは明るい物よりもブラックやネイビー等濃い色の方が紫外線を通しにくい為さらに効果的です。

Q&A:目から入る紫外線で日焼けするって本当?!

紫外線 防止 サングラス 要注意

見落としがちな目から入る紫外線。

紫外線が目から入ると脳にその情報が伝わり、メラニンを作れという指令が出てメラニンの生成が活性化してしまいます。
そのためシミができやすくなるので目からの紫外線を予防する為にもサングラスの着用がオススメです。

サングラスの色は必ず薄いものを選ぶようにしてください。

サングラスも眩しさを抑える為に、とりあえず色の濃い・黒いレンズを選べば紫外線をカットできるのかというとそれが一番危険と言われています。

紫外線 対策 サングラス 

暗いところに行くと、人間の瞳は瞳孔が開きますよね。

サングラスでも同じように、色が濃いレンズで眩しさが抑えられ瞳孔が開きます。
その状態で紫外線を浴びると、瞳孔が開いた分だけ受ける紫外線の影響が大きくなってしまいます。

そのため、サングラスを選ぶ時は、レンズの色の濃さにかかわらず、必ずUVカット加工のしてあるサングラスを選ぶようにする事をおすすめします。

日焼けに負けない食生活

紫外線がもたらすシミ・シワ等のトラブルは日頃から抗酸化作用のある食品をとって防ぎましょう☆

抗酸化物質 食べ物

紫外線を浴びると体内で活性酸素が発生します。
活性酸素は酸素が体内で変質したもので体や肌をサビさせ(酸化)てしまいます。

活性酸素が増えすぎると皮膚細胞が酸化して正常な機能を失い、その結果シミやシワを作って肌の老化を招きます。
この活性酸素による酸化を防いでくれるのが抗酸化物質です。

主な抗酸化物質は、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEやポリフェノールです。
これらの抗酸化物質は単体で摂るよりもいくつか合わせて摂る方が相乗効果を発揮し酸化を防ぐ効果が増します。

抗酸化物質を多く含む食材

ビタミンA人参、かぼちゃ、小松菜、ほうれん草、ニラ
ビタミンC赤ピーマン、ニガウリ、キウイ、いちご
ビタミンEいくら、たらこ、うなぎ、かぼちゃ、植物油、ナッツ類
ポリフェノール赤ワイン、ココア、さつまいも、緑茶、そば、黒ごま

ただし、ビタミンを多く含む食材でも少し注意の必要なものもあります。
ビタミンCが多い事で知られる柑橘類やセロリ、パセリ等には、日光を浴びるとシミを作るソラレンという物質が含まれているので、朝食よりは夕食で摂る方が無難です。

日焼け後の速攻時短ケア述!

うっかり日焼けしてしまって手当の仕方が悪いと炎症を悪化させてしまうかもしれません!
日焼け後は速攻かつ時短で正しくケアして健康なお肌を取り戻しましょう!

日焼けをしたらまず冷やす

日焼後お手入れ

海やプールに出かけて日焼けして真っ赤になってしまった事はありませんか?
その場合はなるべく早く赤くなってる部分をまず冷やしましょう

日焼けは皮膚のヤケドなので早めに冷やして炎症を抑える事が大切です。
放っておくと炎症が進み水ぶくれが出来る事もあります。

正しい冷やし方
  • 冷たいシャワーを浴びる
  • 濡らしたタオルに保冷剤を包み肌に当てる
  • 入浴は炎症を悪化させる為控える
  • ぬるま湯としっかり泡立てた低刺激の洗浄剤で手を使い優しく洗う

もし、優しく洗ってもしみてしまったり、水ぶくれが出来ている場合は何もせず皮膚科を受診しましょう。

赤みが引いてから保湿ケア

正しいスキンケア

紫外線により肌の水分が奪われて乾燥してるので、しっかりと化粧水をつけます。
まだ肌にダメージが残ってる間はアルコールの入っていない低刺激のものか、抗炎症成分を配合した日焼け後用の物を選びましょう。
肌にたっぷり水分を与えたら、クリームか乳液等の保湿剤で水分を閉じ込めます。

日焼けをするとすぐにでも美白ケア化粧品を使いたくもなりますが、美白作用のある化粧品は刺激や乾燥が気になるものも多い為、肌のヒリヒリ感が十分に落ち着いてきてから美白作用のある化粧品に切り変えていきましょう。
日焼け後におすすめの保湿剤
馬油
馬油は人間の皮脂にとても近い性質を持っており、皮膚の炎症を抑えて熱を取り除き、皮膚を保護する作用があるとして古くからヤケドに効くと親しまれています。
浸透力が高く肌につけるとサラサラになりベタつかない為、肌の回復にも期待できるおすすめのアイテムです。

ホホバオイル
日焼け後の肌のほてりや炎症を落ち着かせ、水分を与え続ける力を持っています。
ホホバオイルは人の肌に含まれる成分のワックスエステルが主成分の為浸透力が高く、抗酸化作用に優れている為、日焼け後のメラニンの増加を抑えシミやシワ等を防ぐ効果等もあります。

日焼けのあとがシミにならないように注意

日焼後 シミ

長時間紫外線を浴びてサンバーンとなってしまった日焼けは、数日経つと皮膚がボロボロと剥けてくる事がありますが、絶対に皮を剥くのはやめましょう。
まだ剥けない所までむいてしまうと肌を傷つけて炎症を起こしてしまいます。

また、皮を剥いた所が更に日焼けするとシミになる事があります。
外出する時は日焼け止めと、肌に刺激の少ないパウダーファンデーションをつけるようにするのがオススメです。

日焼け後は乾燥して痒みが出る事もあります。もし保湿しても痒みがおさまらない時は病院でかゆみ止めを処方してもらいましょう。
痒みがあって掻くと皮膚を傷つけ、炎症が起きる事でシミの原因にもなります。

肌ダメージを修復する栄養素をたっぷり摂る

肌修復 食べ物

日焼けの後は体力が落ちて免疫力が低下してしまってます。
質の良い睡眠とバランスの良い食事で体を労ってあげましょう。

日焼け後は、肌だけではなく体の中の水分も不足します。
内側から水分を補給する事で体の水分量が上がり肌の保湿にも繋がります。

そして、
メラニンの生成を抑えて還元するビタミンC
抗酸化作用でシミやシワを防ぐビタミンA
代謝を高めるビタミンE
これらのビタミンを含む食品を積極的に食べるようにします。

皮膚細胞の再生を促し代謝を高めるビタミンB2や皮膚を作り維持するタンパク質もしっかり取りましょう!

ビタミンB2…牛肉、豚レバー、牛乳、アサリ
タンパク質…大豆製品、肉類、魚介類

体力が落ちていたりする事もあるので、調理の手間が省けてすぐに食べられるものを常備しておくのもおすすめです★
すぐに食べれるオススメ食材
ドライフルーツ…ブルーベリーやクランベリー等のベリー類は高い抗酸化力があり◎
ナッツ類…特にアーモンドにはビタミンEが豊富
納豆や豆腐等…大豆製品は高タンパクで抗酸化力の高いポリフェノールが豊富
海苔…豊富なビタミンAと海苔に含まれるビタミンCは熱や酸化に強い為長期保存が可能

紫外線対策とケアのまとめ

紫外線対策まとめ

紫外線や紫外線が及ぼすダメージ、その後のケア等についてご紹介してきましたがいかがでしたか?

まさか紫外線が肌老化の原因の大半を締めてただなんて…!
いかに紫外線が肌に有害で怖いものかわかりますよね。

美肌の秘訣は先手必勝です。どんな肌悩みも、深刻化する前のお手入れがカギになります!

いつまでも年齢を感じさせない肌を目指す為にも、日頃から紫外線対策をしっかり行い、肌の老化を未然に防ぎましょう★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です